今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)


初氷掬ひし指の透いてをり     下鉢 清子

寺町を抜けて十月桜かな      藤田 純男

舎利殿の奥の鎮もり初しぐれ    柳田 聖子

矢を運ぶにも礼ありぬ杜鵑草    河合 寿子

    関口玉枝様

零るるも色あざやかな式部の実   久保田 庸子

皇后のお帽子ほどの富士初雪    麻耶

湧水のめぐる城下の芋水車     岩田 洋子

冬構して寺町の砦めき       平 嘉幸

小鳥来る虚子千日の散歩道     石澤 青珠

からからと枯葉に追はれ紀尾井坂  金山 征以子

冬に入る真鯉の顔のどれも似て   谷中 淳子

宮の森星美しく神送り       中野 冨美子

桑茶飲む羽二重の里初しぐれ    森島 弘美

霜月の耳石に響く地のうねり    向笠 千縁子

夜顔の闇押しひらく白さかな    永見 るり草

案の定日暮れてからの冬の雨    野 ふよ子

大根引く練馬に(のこ)太さ引く    倉橋

凝鮒ふるさと同じ父と母      槇 秋生

柿熟るる夕日残れる静けさに    下島 正路

初時雨琴引橋の夜のしじま     山口 冨美子

一の酉来れば近づく風鶴忌     石澤 敏秀

しぐるるや紅茶に火酒を一垂らし  清水 ひとみ

鷹を待つ暁に人動き初め      廣田 生子

過ぎし日はみな佳き日なり返り花  石関 双葉

晴れた日の葱ふくふくと屋敷畑   奈良 晴子

芒原夕日太りてしづみゆく     原田 貴志子

湯豆腐や向き合ふ人の居らざるに  渋谷 乃里子 



     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。



 一句選評 (同人集より) 和田順子選

しぐるるや紅茶に火酒を一垂らし   清水 ひとみ

 時雨模様である。温かな紅茶に一滴入れて寛いでいる

作者。火酒は酒をさらに蒸留してアルコール度数をあげ

強いお酒。ウオッカ、ベランデー、テキーラなどを思う。

 私なら香りのよいブランデーを入れたい、と思って

しまうほど安らぎを覚える一句である。

 作者は同人賞が決まってから父上を亡くされ今は母上の

看病中。こんなひと時があって嬉しく思う。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

晴れた日の葱ふくふくと屋敷畑    奈良 晴子

 葱ふくふくとの表現は珍しいが、青々と元気に育つ葱畑が

見えて来る。農家の庭の葱畑は、まるで花壇のように手を

入れてふっくらと美味しそうに育っている。

 作者は「万蕾」のころから投句をして下さり、九十四歳の

今も飯能で元気に暮らし、日常の詩を日常の心で詠んで

羨ましい暮らしぶりである。