今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

 雪の果使ひ込んだるシャベル立つ     下鉢 清子

菟絲子忌の京都は春の雪となり      柳田 聖子

大寺の唐子嬉戯の図浅き春        河合 寿子

山の田の廃れも雀がくれかな       小松 洋子

果樹園の寒の剪定響き合ふ        岩田 洋子

順浄院菟絲子の忌なり薄紅梅       小野田 征彦

庫裏の梁燻しびかりに春寒し       高平 嘉幸

人形焼ころころ生まれ春立つ日      石澤 青珠

豆剥けば夫の黙つて来て剥きぬ      谷中 淳子

春浅し弁当箱の博物館          森島 弘美

うしろから呼ばれたやうな春の土手    吉田 七重

日輪の月のごとしよ春の雪        永見 るり草

夫しのぶ有楽椿の今朝の色        高野 ふよ子

梅東風やお局の間の船箪笥        倉橋

薄氷に午後の薄日のありにけり      槇 秋生

待春のうぐひす張りを鳴かせけり     千葉 喬子

梅三分杏仁豆腐のやはらかく       下島 正路

料峭や「斜陽」ゆかりの屋敷跡      山口 冨美子

惜命碑暮れて椿に風残り         石澤 敏秀

省略の極みのかたち鶯餅         弟子丸 すみえ

龍の玉海も空をも知らぬなり       浅岡 えい子

門前に踊るかつぽれ春隣         鈴木 勢津子

思ひ切り叩けば鳴るか冬の空       宮 紀子

すこやかな土の黒さや種浸し       本田 しげき

舟と舟三艘つなぎ涅槃西風        吉本 安良

寒空へ響く鎌倉木遣歌          吉田 玲子


     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(03-3999-0018)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。



 一句選評 (同人集より) 和田順子選

省略の極みの形鶯餅   弟子丸 すみえ

  春を待って菓子舗に並ぶのは、桜餅、草餅、鶯餅、

 椿餅などと嬉しいが、鶯餅の期間は以外と短い。

 鶯色の黄粉を零さぬようにつまむ。僅かに頭としっぽの

 形があり極端に省略した形だ。

  <街の雨鶯餅がもう出たか>という富安風生の句を

 思い出す。期間が短いだけに待たれている春の和菓子

 なのである。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

思ひ切り叩けば鳴るか冬の空   宮 紀子

  どこまでも青い冬の空、大気がぴんと張りつめて、

 叩けばどんな音がするのだろう。思い切った表現が

 楽しく面白い。

  作者が感じたままを素直に表現しているが、大いに

 共感できる。どう詠もうかどう表現しようかと考える

 ことなく、直球の感性でとらえたところがよかった。