今月の三人集  和田順子選

   風韻集作家の中の、今月の推薦作家三人集です。

     走り梅雨      岩田 洋子

走り梅雨女人高野の坂険し

軒深き室生の塔や梅雨に入る

心地よきバスの疲れや合歓の花

走り梅雨水防倉庫の赤ともし

対岸の渡船呼ぶ旗朝ぐもり

喪の家の女系家族や沙羅の花

     梅雨晴       谷中 淳子

まだいろのあはくて雀巣立ちけり

桜桃の四五顆太宰旧居の碑

太宰の忌靴の中まで雨しみて

梅雨晴や雲の流るる玻璃みがく

毀たれし母校にひくく夏燕

泡吐きて泡とあそべるめだかかな

     牡丹散る      下島 正路

晴れてゐてしきりに牡丹散る日かな

苔のむす鎌倉古道滴れり

裏山のやさしき風や今年竹

夏草や波音かすかに砲座あと

房総の小さき城址枇杷熟るる

ひとつひとつ灯る漁火梅雨の入 


 一句選評 (同人集より)  和田順子選 
     海霧深し地球岬の遠汽笛   清水 善和

  広大な景色の広がる一句である。地球岬の正しい名前は

 チキウ岬、アイヌ語のケプチから来て、北海道南西絵鞆半島

 にある。行ったことがないが岬の先端に立つと地球の丸いことが

 実感できるのだそうだ。

たまに机を離れてこんなところに立ってみたい。

 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

 緑蔭に荷をひとゆすり歩荷発つ  平野 暢行 

  大きな荷を背負ったご強力が、荷の安定を確かめるために

 ひとゆすりしている。そんな様子が見える様である。歩荷は、

登山の荷を運び上げる人で、以前は季語として独立していたが、

今は「登山」の傍題にも出ていない。

自分の荷は自分でと言うことだろうか。